FC2ブログ

Home > なのフェイパラレル中編【Bittersweet love】 > パラレル短編。

パラレル短編。


パラレルでーす。

短編。多分読みきり。
なんだかんだで中編という扱いになりますた。

なのはさん視点の高校生なのは×社会人フェイトさん。

ね、ねむい…。

では、追記よりどうぞ!















出会いは、ほんの些細な――



「あ……」


落ちた銀色の硬貨は、寒い冬の地面を転がって、
白い指に、拾われた。


「これ……君の?」


金髪が、薄い街灯に照らされて、
とても、綺麗だった。







~Bittersweet love~






池と、ベンチと、自販機くらいしかない、小さな公園。

塾帰り、私は冷えた身体を温めようと、その自販機で飲み物を買おうとした。
ちょっとした寄り道のつもりだったけど、まさかこんな時間に誰かと会うなんて思わなくって。


「へえ。高町さんって言うんだ。
私はフェイト。フェイト・T・ハラオウン」


フェイトさん、と云うらしいその人は、見るからに高そうなコートを羽織った大人の女性だった。
二十歳くらいだろか。流石に会ったばかりで年齢は聞きにくい。

「フェイトさんは、どうしてこんな時間に?」
「バイトの帰り。冷えたから、温かいものでも飲もうかと思って」

たどり着いた動機も同じ。
何か、不思議な縁を感じてしまう。
ほっこりと温まった缶コーヒーを手で転がしながら、私はフェイトさんの瞳に見とれていた。

「高町さんは、塾か何かの帰り?」
「あ、はい。直ぐ近くなので、徒歩で」

初対面なはずなのに、なぜかとても親しみを感じる。
なぜだろう。

「そっか。私のバイト先も、ここから結構近いんだ。
だから、ほぼ毎日、ここに通ってる」
「毎日……」

全然気付かなかった。
私も週三回はここを通っているけど、こんなに綺麗なひとが毎日ここに来ていたなんて、全く知らなかった。

「ふふ……不思議だね。
高町さんとは初対面のはずなのに、なんだかそうじゃないみたい」
「あ……はい」

寒いのに熱くなる顔。
可笑しいな、熱でもあるのだろうか。

暫らく池の噴水を眺めていたら、フェイトさんが怪訝そうにこちらを見てきた。

「……飲まないの? コーヒー、冷めちゃうよ?」
「ふぇ?」

言われたころには、先程まで熱気を放っていたコーヒーはすっかり温くなってしまっていて。
私は慌ててそれを空けて、唇へと運んだ。

「ん……ぬるい」
「ふふっ、残念」

でも、温くなったコーヒーに対する残念さより、フェイトさんの笑顔が見られた嬉しさのほうが上回っていて。

「あ、あの……」
「ん?」

こんな気持ちは初めてで。

「ま、毎日ここに来ているんですよね?」
「そうだけど?」
「で、でしたら、あの……」

真っ赤になる顔。
早口になっていく言葉を抑えようと、手の中の缶を少し強く握った。


「ま、また、会いに来てもいいですか?」


言ってから、何てことを言っているんだと後悔している自分と、よく言ったと賞賛している自分。
結局はその両方の自分とも、フェイトさんの反応を伺うしか術は無く。

私はじっと、恐る恐るフェイトさんの瞳を覗き込んだ。


「……もちろん。大歓迎、だよ」


子供みたいに、無邪気に喜びそうになった。
ほわほわしている私を尻目に、フェイトさんは自分の缶コーヒーを空け、一気に飲み干した。
呆けていると、フェイトさんは徐に私のほっぺたを掴み、


「………ふぉぇ?」


なんとも間抜けな声を出した私の口に、キスをした。


「宜しくね。高町、なのはさん?」


只でさえ赤かったのに、更に真っ赤になっていく顔。
悪戯を成功させた子供のような笑顔を見せたフェイトさんは、空っぽになった缶コーヒーの缶をベンチに残し、優雅に去っていった。

取り残された私は一人、自分の唇を指先でそっと拭っていた。

「…………」

未だに上手く状況が飲み込めていない。
柔らかな唇の感触が、脳内でフラッシュバックした。

視界に移る、フェイトさんが残した缶。



「……にがい」


ほんとは苦いのは苦手で、缶コーヒーなんて生まれてこのかた口にしたことがなかったのだけれど。
当たり前のようにブラックを買うフェイトさんの前で、少しだけ大人ぶった。



「……でも、あまい」



この、不思議な味はなんだろう。
ふわふわとマシュマロみたいになった脳みそで、私は家に向かって歩き出した。












あとがき(蛇足)

パラレルです。
寝る寸前にあたまのなかに入って来てですね。
夜の公園落とした硬貨に金髪美人運命の出会い…

ああ、かくっきゃねえな、と。

気が乗れば続編も書きたいなあ、と。
でも長編も進めたいなあ、とか。

そんな妄想のかたまり

スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nfh0rbs758.blog73.fc2.com/tb.php/57-0fbce1f2
Listed below are links to weblogs that reference
パラレル短編。 from 黎明の月

Home > なのフェイパラレル中編【Bittersweet love】 > パラレル短編。

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top