FC2ブログ

Home > 拍手お礼 > はい、せーふ!

はい、せーふ!

拍手の中身をいれかえましたー。

ぎりぎりせーふ。
追記より今までの中身です。





「例によって収録は土曜日に行われていますラジオ『NANOHA・サンDay』
どうも皆さん今晩は、パーソナリティの高町なのはと」

「どうも!スバル・ナカジマ二等陸士です!!」

「スバルー。敬礼とかはいいからねー。第一音声しか伝わらない電波でそんなことやってもなんも意味がないからね」

「あう。すみません…」

「どうでもいいけど私はいつになったらフェイトちゃんと共演できるのかな?」

「次回はティアナが来るみたいですけど…」

「…もう辞めようかなこのラジオ」

「ええ!?そんな!毎週楽しみにしてるんですよ私」

「ふつーこういうラジオってメインが毎回二人居てたまにくるゲストをいじるとかそーいうものでしょ?
なのになんで私はいつもひとりでくるくる変わるゲストにしかもフェイトちゃんをふくまない脇役どもの相手しないといけないわけ?」

「あわわ…。なのはさんが壊れたー」

「当のフェイトちゃんははやてちゃんみたいな淫狸と共演しちゃって只でさえフェイトちゃんの貞操が心配だというのに…」

「…(天然? っていうか淫狸って)」

「そもそも方向性が三回目にして全くもってなんにも決まっていないってなんなの?普通なんかコーナーとか定着する時期じゃないの?」

「それはスタッフさんがいろいろと忙しくてですね」

「忙しいのにこんなラジオ作ったの?ばかなの?死ぬの?」

「なのはさん…。ヒロインがそんなこと言ったら駄目ですって…」

「いーよねスバルは。ティアナとは今丁度ピュアなラブラブライフ真っ盛りでしょ?」

「あ、いや…。えへへ」

「……」

「なのはさん!無言でレイジングハートを起動させないで下さい!!死にますってまじで」

「まあツンデレ相手だと喧嘩とか倦怠期とか起こりやすいから精々気をつけてね?」

「笑顔でそんな嫌味言わないで下さい。洒落になりません」

「スバルも鈍感そうだしね?かのバニングスの彼女と違っておっとりスキルとかも皆無だし」

「ばにんぐす?」

「でもなんでスバティアが人気か知ってる?」

「?なんででしょう」

「そのてめーらのなんも考えてなさそうな純粋さがいいんだよ畜生!!」

「わああ!!なのはさんが切れた!!」

「でもまあなのフェイみたいに極めたり悟ったりがし辛いってのが難点だよね」

「なんかカップリング語りはじめちゃいましたけど危ないんで止めて下さい」

「あと幼女×幼女ができないのもあれだよね」

「なにげに今の結構あうあうな台詞だっんじゃないですか?」

「ああ、魔法で小さくなればいいんか」

「いや、そういう問題じゃ」

「よく九歳×十九歳みるしねー」

「なんでもありですね」

「私はおさなのは×おとなフェイトちゃんとか好きだけど」

「へぇー。ものすごくどうでもいいんですけど」

「本命は中学生なのは×大人フェイトちゃんだよ?」

「あのー。もうそろそろ終わるんですけど」

「ちっちゃいこ同士も嫌ではないんだけどね?」

「これ一応メインキャラが締めるっていう決まりなんで」

「ほら、いろいろ問題あるじゃない?****とか」

「わーーーー!!!

それでは皆さんまた来週!!」

「以上、ラジオ『NANOHA・サンDay』でした☆」











「生理二日目です。ラジオ『八神はやてのやりましょネバギバ1,2のサンデー』
どうも!パーソナリティの八神はやてと」

「あのー。なんでまた私ここに来ることになってるの?ねえなんで?」

「かたいこと言うなやフェイトちゃん。同じコ好きになったなかやんけ」

「なにその思春期真っ盛りの中学生男子みたいな発言。
どうでもいいけどなのはは私しか眼中にないし私もなのはしか眼中にないからはやてのことなんて相手してる暇ないんだよ?」

「いやーんフェイトちゃんキ・ツ・イ(はあと
仲良くしよーやなあ?」

「きしょいしね」

「なーんやフェイトちゃんなのはちゃんが生理中で****できないからってうちにあたらんといてな」

「な…!!?なぜそれを!!貴様まさか!!」

「匂いやにおいー。
意外と分かるでー、夏場とかはとくに」

「死ね変態!!!」

「ひでぶ!!」


~相方気絶中の為少々お待ち下さい~


「それではお便りのコーナーでーす。

フェイトちゃーん。はがきとって~」

「はいはいほい」

「えーっと。

ペンネーム平凡な女子○学生さんから頂きましたー
『なんで私以外の女の子はみんなあんなに可愛いんですか?とくに運動部の皆さんは可愛くみえる薬でも飲んでるんですか?』

はいとんでもない変態やね。とっとと病院いくことをお勧めしますー」

「ほんとだよね。私はなのは以外の女なんて見る暇もないってのに」

「そういいつつマイクの周りになのはちゃんの写真並べるのやめてなー。ほんま只の異常者にしか見えへんから」

「はやてはどうなの?よく女子社員にセクハラしてるけど」

「うちも全国の魔法少女はみんなかわええおもとるよ?もちろんリインが一番やけど」

「なのはじゃないんだ?」

「ああ、なのはちゃんは…」

「なのはは?」

「…いや、なんでもあらへん。次いこか」

「はいはいほい」

「えー。

ペンネームちょっと異常な女子○学生さんからいただきましたー。ってなんや同一人物とちゃうん?
『でも女の子みんな可愛いけどメン○ラとか授業中も構わず話しかけてくるDQNとかはちょっと本質的にNGなんですどうしたらいいですか』

知るか死ね」

「ほんとだよね」

「おんなのこすきーとか言っとるくせにこの阿呆は我が侭にもほどがあるで」

「おんなのこはみんなピュアで健気な乙女だとか思ってるんだよ多分」

「そんな考えは小学生のうちに捨てときい。正義のヒーロー気取りでメ○ヘラ相手するととんでもない目ぇあうってなあ」

「まあメンヘ○はともかく女のDQNは困るんだよね。なんでってもう笑えるほど可愛いんだもん」

「なんやあんたさっきはなのはちゃんしか眼中にないゆうとったくせに…。

でもまあそうやな。ぎゃーぎゃー教室走り回っとる女の子は大抵八割があたりや」

「どこまでみてんだよ変態」

「わあ凄い言い様」

「もう一度いいます私はなのはしか見えておりません」

「もうええわ!次のお便りよこしてや」

「はいはいほい」

「えー。

ペンネームあいらぶなのフェイさんからいただきました。
『なのフェイが好きなのですがなのフェイの夢が見れません。
この前はなのフェイの妄想して寝たはずなのに教師♂×生徒♀のなんだか悲しい物語を見てしまいました。
なのフェイを見るにはどうしたらいいですか』

これは…。こっちが聞きたい」

「うん。私も夢になのはを見たい」

「え?みたことあらへんの?」

「夢はなんか仕事やってる夢とか買い物してたら隕石とドラゴンに襲われて落とし穴に落下したとかそんな夢しか見ないよ」

「うわー…。そりゃ酷いな」

「はやてはどんなの?」

「ヴィータと姉妹漫才やってM1で優勝する夢なら昨日みたなあ」

「すごいねそれ。でもなのははでないんだ?」

「なのはちゃんはでえへんなあ。なんでやろ」

「んー。なんか前にどっかで聞いた信憑性ゼロの知識なんだけど、夢っていうのは頭の片隅に追いやられたこととかを見るみたいなんだよね。
だから、頭の中心がほぼなのはな私は、なのはの夢を見づらいのかも」

「あー。なるほど、それならうちもそうかもなー」

「…でもそうなるとはやてにとってのヴィータの存在って」

「片隅やな」

「まあ片隅にすら居ない他の方々よりはまし、と」

「そうやなあ」

「以上、お便りコーナーでした」

「現在おはがき募集してたりしますー。
あそんな物好きはおらへんとは思うけど。そんな神様みたいな方がいらっしゃったら下のメッセージボックスよりお悩みやら番組の感想やら送ってください」

「おねがいしまーす」

「そういえばフェイトちゃん」

「ん?」

「長編進まへんなあ」

「………ふっ」

「#1でとまっとるなあ」

「うん」

「むかつかへん?」

「怒りを通り越して殺したいレベルだよね」

「死ぬとか殺すとか今回のラジオは物騒やなあ。ほんまにそうなんやけど」

「ハードル上げるだけ上げといて逃げっぱなしとか人として最悪だよね」

「ほんまやわあ。人間の屑やね」

「これから私となのはの愛と愛の交差とすれ違いが描かれるとこだってのに!!」

「これからもなにもまだ一話なんやけどね」

「なのはー!!すきだー!!!」

「それではスペース的にもうそろそろ終わりなんで」

「なーのはーーー!!!」

「以上、ラジオ『八神はやてのやりましょネバギバ1,2のサンデー』でした。

また来週!!」

「すーきだーーー!!」

「ええ加減にせい!!」

「あいた!」




スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://nfh0rbs758.blog73.fc2.com/tb.php/54-47e4536f
Listed below are links to weblogs that reference
はい、せーふ! from 黎明の月

Home > 拍手お礼 > はい、せーふ!

Tag Cloud
Search
Links
Feeds

Return to page top